北斗の水くみ特設ページ「世界でも珍しい天体ショー北斗の水くみ」岡垣町波津の海岸は、北斗七星ひしゃくがあたかも水をくんでいるように見える世界でも珍しい場所として知られています

世界でも珍しい「北斗の水くみ」をみんなで観測しよう

■「北斗七星が水をくむ」とは?
北の空を観察すると星は北極星の周りを毎日、反時計回りにほぼ1回まわります。北斗七星の動きを注意深く観察すると秋の夜半には北斗七星が北極星と水平線の間を西から東にくぐり、右の絵のような姿になります。この姿はまるで天のひしゃくが水をくんでいるように見えます。この様子を天の北斗七星が水をくむというわけです。■「水をくむ」のが観察できる場所
北緯33度から34度くらいで、北に水平線の見える風景の場所がこの現象を見る最適な場所で、岡垣町の海岸はその条件にかなった、数少ない観察ポイントといえます。

北斗の水くみ(岡垣町汐入川河口にて撮影)

「クリック」北斗の水くみ動画はこちら

「北斗の水くみ見ごろの時間帯」9月上旬:23時30分ごろ,9月中旬:23時ごろ,9月下旬:22時ごろ,10月上旬:21時30分ごろ,10月中旬:21時ごろ,10月下旬:20時30分ごろ,11月上旬:19時30分ごろ,11月中旬:19時ごろ,11月下旬:18時30分ごろ

【「岡垣町」が星になりました!!】1993年に発見された小惑星(15316)が2017年4月13日「Okagakimachi」と命名されました。

【国際天文学連合(IAU)が2017年4月13日、小惑星(15316)に「Okagakimachi」(岡垣町)と命名したことを報じました。
小惑星は直径約6km、小惑星の中では大きな部類に入ります。
地球から約3億5,000万km彼方にある、およそ3年半かけて太陽の周りを1周しています。肉眼で見ることはできませんが、「岡垣町」という名の星が、おの宇宙に存在していることに大きなロマンを感じさせられます。「小惑星発見者の渡辺和郎氏から岡垣町へ寄贈される認定証」2017年10月7日開催九州・山口星まつりinOKAFAKI・小惑星「Okagakimachi」命名式典にて

【岡垣町の立地が命名の由来】九州北岸にある岡垣町は、北斗七星が水をくむような姿「北斗の水くみ」を見ることができる世界的に珍しい場所です。このことを多くの人に知ってもらおうと、北海道在住の天文家で小惑星発見者の渡辺和郎さんが小惑星(15316)に「Okagakimachi」(岡垣町)の命名を国際天文学連合(IAU)に申請し承認されました。

【星の名前になるってすごい!】国際天文学連合(IAU)はユネスコ傘下にあり、世界各国の天文学者が集まる組織で、天文学に関わるあらゆる決議を行っています。星の名前は世界遺産と同等に、人類(文明)が存在する限り未来永劫にわたって残されることになります。星に町の名前が刻まれたことで、新たな魅力による町の発展、子どもたちが将来宇宙・天文分野で活躍…など夢や希望が膨らみます。

 

| トップページ | サイトマップ | プライバシーポリシー |